スポンサードリンク

青空レストラン(2016年10月1日)は島根県益田市匹見町のブルーダイヤモンドと呼ばれる「匹見わさび」をゲストの小川菜摘、オードリー・春日俊彰と収穫!
「匹見わさび」はその生産量の少なさから「幻の匹見ワサビ」と呼ばれており、その値段は1キロ約15000円にもなります!

生産量が少ないだけに通販やお取り寄せが気になります!

匹見わさびとは?

島根県は「東は静岡、西は島根」と呼ばれるほどワサビの収穫量が多い産地でしたが、栽培の厳しさや度重なる水害の為、生産量は静岡の10分の1にまで落ち込みました。

しかし、近年、益田市匹見町のIターンで移住してきた若者達のがわさび田を復活させ「匹見わさび」の人気が沸騰しています!

「匹見わさび」の辛さが気になる!「匹見わさび」はどんな味?

「匹見わさび」の特徴は、身がしまっており、粘りとツンとした辛味の後から甘みが広がる辛さのワサビです。

おろしにすると通常の緑色になりますが一般のワサビと比較すると薄い緑色になります。

独特な栽培方法・渓流式

渓流式と呼ばれる栽培方法で、川に砂を敷いて田を作り、大きな石を組んで苗を押さえてたワサビ田で栽培します。

匹見わさび、過酷です! #沸騰ワード10 #匹見わさび

沸騰ワード10さん(@futtou_ntv_official)が投稿した写真 –

水質日本一の清流高津川水系の澄んだ水で栽培する為、便の悪い山奥の渓流沿いでまできに自然の地形を最大限に活かし、人力でワサビ田で栽培する為、大変手間暇がかかります。

出荷までは、2.5年~3年を要します。

かつては「東は静岡、西は島根」と呼ばれていましたが、農家の高齢化と後継ぎ不足での休耕田化や水害の為、生産量は減少していましがが、田舎の生活に憧れる若者たちが島根県益田市にIターンし移住して水や自然の美しさに取り憑かれ渓流式ワサビ田の復旧作業を手伝いを始めた為、「匹見わさび」は大阪の三ツ星レストランに食材として使われるほどの高級感が話題になり、復活の兆しをみせています。

スポンサードリンク

匹見わさびレシピ

鶏わさ
とろろわさび
わさびご飯

そして島根ケンミンの県民食「赤てん」もかかせませんね!

匹見わさび 通販・お取り寄せは「葵屋」で!?

今回の青空レストランで数量が少ないので直ぐに完売、または通販自体が無いかもしれません。

しかし、大阪の三ツ星レストランに「匹見わさび」を出荷している「葵屋」さんに直接お問い合わせすれば「匹見わさび」のペーストやしょうゆ漬けをお取り寄せ出来るかもしれませんよ!?
葵屋の連絡先はまとめをご参照下さい。

[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=c4RCAk2jp28[/youtube]

yahooやAmazonなど通サイトでは「匹見わさび」を使った「わさび焼酎」がお取り寄せ可能です。

まとめ 島根県の取り組み

島根県では過疎化の問題に対し若者の移住を促進しており、各自治体では補助金を出して農業の促進を行っています。

益田市の「匹見わさび」に関しても補助金を出して自治体とIターン農家のワサビ田作りに力を入れています。

ブランド和牛「石見牛」で知られる島根県邑南(おおなん)町では邑南町でしか味わえない食材、200頭限定の石見牛、塩漬けしていない国産の「瑞穂フレッシュキャビア」などをA級グルメと定義し自治体での産業の発展に取り組んでいます。

プロフェッショナル A級グルメ 島根県邑南(おおなん)町役場の熱血地方公務員・寺本英仁 イタリアンレストラン・味蔵(あじくら)

こうして過疎化により担い手がいなくなると言う地方の弱みを強みに変える自治体の力で失われつつある食材が地方ブランドとしてが育っていくのは嬉しいですね!

最後に「葵屋」さんを紹介します。

これからも「青空レストラン」の情報を詳細にお伝えするので、FACEBOOKやツイッターでシェアを是非お願いします!

皆さんのシェアが励みになります!

本日は最後までご覧いただき有り難うございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク