スポンサードリンク

満天 青空レストラン(2017年12月9日放送)の食材は、日光のゆば!日光名物「揚げ巻きゆば」とは?

日光では京都と違い2つ折りにして上げる2枚あげが主流で「ゆば」と「ゆば」の間に豆乳が挟まり最高の食感です!

レシピでは、ゆば豚バラ巻き&ゆば豆乳鍋など、絶品料理が続々登場!!

青空レストラン公式通販は、日光・揚巻ゆば&乾燥ゆばセットで、ゲストは佐藤栞里さんです。

日光のゆばとは

今回の青空レストランは栃木県日光市に開店し、永島 伸也名人の日光食品で湯波(ゆば)作りに挑戦します。

大豆から豆乳をつくり豆乳をじっくり煮たときにできる薄い膜を引き上げたものが「ゆば」です。

「ゆば」は約1200年前に中国から京都と滋賀県の県境の比叡山の延暦寺に伝わり、精進料理の材料として修験者が食していました。

また「ゆば」は、山に入るときに、軽くて保存が効き、大豆のタンパク源を効率よく摂れるので栄養源として重宝していました。

社寺でも僧侶や神官の食品として常用され、明治時代に庶民に広まっていきました。

その為か「ゆば」として思い浮かぶのが京都の「ゆば」ですが、日光山輪王寺も比叡山同様、修験場となっていたため「ゆば」が日光にも伝わり門前町を中心に広まっていきました。

栃木県は、北部の標高2000メートル級の日光連山や那須連山やからの豊かな水が肥沃な土壌を形成する農作物の生産に適した土地です。

「ゆば」の原料となる大豆の生産も古くから盛んで、収穫量も関東では茨城に次いで2位で、ミネラルバランスに優れているといわれる日光の地下水とい相まって「ゆば」作りに適した土地と言えます。

また、原料となる大豆を一晩、日光山の霊水と呼ばれる清らかな水に浸す製法をとっており、「ゆば」の旨味を引き立たせます。

精進料理として修験者に食されていた「ゆば」が庶民に広がったのは、歴史的に江戸時代に徳川家康が日光に祀られるようになった頃、参拝客に出された食事に「ゆば」が提供され広がっていき、明治時代に定着したと云われています。

日光と京都の「ゆば」の違い

日光と京都の「ゆば」では違いが有ります。

漢字表記が先ず異なります。

日光ゆば湯波
京都ゆば湯葉
仕上げは、京都薄い膜を引き上げる際、膜の端に串を入れて引き上げるため、仕上がりが平たい「一枚仕上げ」にします。
一方、日光ゆばは、串を入れて二つ折りにするように引き上げる「二枚仕上げ」で、間に豆乳が残されているのが特徴です。

また、京都の「ゆば」は自然乾燥させることが多く
日光では揚げたものが多いという違いが有ります。

スポンサードリンク

日光食品「ゆば」お取り寄せ

日光食品「ゆば」は大豆は栃木県産大豆100%に拘っており、地元栃木県の「里のほほえみ」を使用しています。

日光の湯波は、揚げている物が多いので油抜きをした後召し上がって下さい。

日光食品 ゆば冷凍ギフト3種揚(巻ゆば・精進巻ゆば・たぐりゆば)

召し上がり方
「揚巻ゆば」と「精進巻ゆば」は、油抜きをした後、野菜などと一緒に煮物などに
「たぐりゆば」は、蒸かした後に、お好みの味付けのあんをかけて召し上がって下さい。

日光食品日光ゆばセット

日光揚巻ゆば、日光引き上げゆば、日光佃煮ゆばのセットです。

日光食品 日光生ゆば詰合せ

生ゆばタイプのゆばで、ゆばに合うたれとのセットなので、届いてすぐ食べられます。

青空レストランで紹介される「ゆば」のレシピ

◇ 刺身・・・作りたてを刺身ポン酢の爽やかな酸味がゆばの旨味を引き立てる!
◇ お吸い物
◇ ゆばチップ・・・180℃の油でさっと揚げ、塩やコンソメパウダー等をかけて頂きます!
◇ ゆばの豚バラまき
◇ 揚巻ゆばの煮物
◇ 和歌子のゆばのトマトクリーム煮・・・宮川大輔さんが作ってくれた和歌子さんに因んで命名(笑)
◇ 揚げ巻きゆばを使ったゆば大根
乾杯メニュー ゆば豆乳鍋!
湯葉料理の王道「ゆば豆乳鍋」は、まろやかな味わいに感動広がる!!

※画像内の矢印を押すと画像が切り替わります。

青空レストラン公式通販「日光食品ゆば」のお取り寄せ

今回青空レストラン公式通販で、日光食品の「日光 揚巻ゆば」と「日光 乾燥ゆば」のお取り寄せが可能です。

■ 青空レストラン公式通販・日光 揚巻ゆばSPセット:値段(¥3,300消費税)のお取り寄せはコチラ!

■ 青空レストラン公式通販・日光 乾燥ゆば2パックセット:値段(¥3,600消費税)のお取り寄せはコチラ!

おすすめレシピ

お味噌汁の具に!できあがったお味噌汁にそのまま入れ、弱火で3分ほど加熱してください。

ゆばチップに!180℃の油でさっと揚げ、塩やコンソメパウダー等をかけて頂きます。

おひたしに!80℃くらいのお湯で5分戻し、水気を切って野菜と煮びたしで頂きます。

日光食品・永島 名人

日光食品社長・永島 名人は、ホームセンターなどにドアを販売する元営業マンでしたが、奥さんの父親の経営する日光食品の元となる湯波も販売するたまご販売会社の経営をまかされ、独学で湯場作りを学び、お土産製品として販路を栃木県内に広げて急成長していきました。
しかし、3.11東日本大震災により観光客は半減し売上は激減しましたが、日光・鬼怒川で売れないなら、他の地域で売れば良いという営業マンとしての鋭くポジティブな発想で、県内外のデパートの催事に出店、都内の栃木県アンテナショップでの販売、そしてインターネットでに通販により販路拡大でさらに成長しました。

そして、日光湯波を京都に負けないように全国に広めていきたいとの想いを持ち、ゆば懐石を堪能出来る洗練されたカフェ風んぽお店のい構想も持っています。

まとめ

—– 「日光ゆば」のまとめ —–
◇ 「ゆば」は大豆から豆乳をつくり豆乳をじっくり煮たときにできる薄い膜を引き上げたもの

◇ 約1200年前に中国から京都と滋賀県の県境の比叡山の延暦寺に伝わり、精進料理の材料として修験者が食していた

◇ 山に入るときに、軽くて保存が効き、大豆のタンパク源を効率よく摂れるので栄養源として重宝していた

◇ 社寺でも僧侶や神官の食品として常用され、明治時代に庶民に広まった

◇ 日光の「ゆば」は、原料となる大豆を一晩、日光山の霊水と呼ばれる清らかな水に浸す製法をとっており、「ゆば」の旨味を引き立たせる

◇ 日光では「湯波」京都では「湯葉」と漢字表記される

◇ 京都の「ゆば」は、薄い膜を引き上げる際、膜の端に串を入れて引き上げるため、仕上がりが平たい「一枚仕上げ」

◇ 日光の「ゆば」は、串を入れて二つ折りにするように引き上げる「二枚仕上げ」で、間に豆乳が残されている

◇ 京都の「ゆば」は自然乾燥させることが多い

◇ 日光では揚げたものが多い

◇ 日光の湯波は、揚げている物が多いので油抜きをしてから食べる

サムネイル画像、アイキャッチ画像、本文中の画像は、楽天市場の乾燥湯葉画像を使用しています。

これからも「青空レストラン」の情報を詳細にお伝えするので、FACEBOOKやツイッターでシェアを是非お願いします!

皆さんのシェアが励みになります!

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク