スポンサードリンク

満天☆青空レストラン(2018年4月28日放送)では、愛媛県愛南町の天然物の「ひおうぎ貝(桧扇貝)/ヒオウギガイ」と呼ばれる殻が鮮やかな「橙(オレンジ)、赤、黄、紫、褐色」など5色以上の色をまとう帆立に似た二枚貝をMC宮川大輔さんとゲストのお笑いコンビ・中川家が収穫します。

ヒオウギ貝は海の神秘と呼ばれ、まるで海の宝石箱の様!

そして注目スべきは殻の色だけでなく本質は極上の味!

帆立に似た外見ですが貝柱は「海のミルク」と云われる帆立を凌ぐ甘みと濃厚さ!

そして、その極上の美味しさから青空レストランが2019年の新年に紹介するおせち料理の具材として取り扱われる事が決定しました!

今回も番組開始と同時に青空レストラン公式通販はアクセスが殺到し、繋がらなくなり売り切れて入荷待ちが予測されます。

そんな時は、楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonなどの通販サイトで販売されているのでお取り寄せも可能です。

ヒオウギ貝(ひおうぎ貝・桧扇貝)とは?

殻が鮮やかな「橙(オレンジ)、赤、黄、紫、褐色」など5色以上の色をまとっおり、まるで「海の宝石箱」
割合は、橙(オレンジ):7・赤:1・黄:1・紫:1で、中にはマーブル状の色合いもある
天然物は、赤褐色が多い
何故色が違うかは不明
養殖では、色を選別し、人口採卵により養殖して遺伝子により色を引き継がせている
地方名は、「緋扇貝」、「チョウタロウ」、「虹色貝」の他、バタバタと泳ぐ事から「バタ貝」、殻をパクパクとする行動から「アッパッパ」とも呼ばれている
貝柱は、ホタテより小さめ

味や食感は?

濃厚で甘みが強く、海のミルクと呼ばれる帆立を凌ぐ極上の味

ヒオウギ貝 色違いの理由は?

天然物に多い赤褐色以外に、5色以上の色違いもある理由が気になりますが、理由は判明していません。

以前別なテレビ番組で紹介された際、カラフルで色鮮やかん珊瑚に紛れこむ事により、外的から身を守るためと説明していました。

スポンサードリンク

青空レストランで紹介される食べ方・レシピ

刺し身・・・ヒオウギ貝は弱いので直ぐに頂きたい!
炭火でバターしょうゆ焼き!ヒオウギ貝は弱いので採れたてをバーベキューで贅沢に!

タルタルフライ
アヒージョ

乾杯メニュー
パエリア

ひおうぎ貝の通販・お取り寄せ

公式通販はアクセスが殺到するので購入したい場合は、ひおうぎ貝を販売している通販サイトの楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonなどから、お取り寄せが可能です。

ひおうぎ貝は弱い貝なので活き締めで送られてきます。

ひおうぎ貝のまとめ

帆立を小さくした様な二枚貝で、殻が5種類以上の色で橙(オレンジ):7・赤:1・黄:1・紫:1の割合い
鮮やかな色がつく理由は解き明かされていない
色が違う理由は、カラフルな珊瑚に紛れて外的から身を守ると説がある
色が違う理由が分からない為、遺伝子操作出来ないので、養殖では鮮やかな色の物を選別してから人口採卵させ同じ色を遺伝させる
味は帆立より濃厚で甘みが強い
ヒモの食感が酒の肴に合う

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク