スポンサードリンク

青空レストラン(2016年7月16日放送)では広島県廿日市市の宮島沖で広島産ムール貝の収穫です。
ゲストはお笑い芸人ケンドーコバヤシさん。
今回は宮島の海産物を取り扱っている濱本水産で「濱水 宮島ムール」ブランドで広島のムール貝を通販などでも販売しています。
また、宮島ムール貝を広島のレモンと藻塩で味付けしたオリーブ漬け 缶詰「缶つまレモ缶 宮島ムール貝」の絶品パスタで乾杯!

広島県のムール貝 宮島ムール貝(濱本水産)とは?

今回の青空レストラロケ地の宮島は、広島湾に面しており、瀬戸内の緩やかな海の流れと太田川を主とする10以上の川がもたらす栄養分が混ざり合いプランクトンが豊富となり、そのプランクトンで牡蠣や小魚がそだち明治~昭和にかけては穴子が良く獲れ、宮島名物「あなごめし」が誕生しました。

そんな牡蠣、穴子に加え2013年はムール貝が地域資源として認定されました。

栄養分が豊富な広島湾で育つ広島産のムール貝は黄金の様に黄色い鮮やかなオレンジ色で、プリプリ食感とふっくらしたムール貝です。

miyamu-ru

広島産のムール貝は、「宮島ムール貝」としてブランド化されています。

旬は6月~9月で、今が正に旬!なのです。

スポンサードリンク

宮島ムール貝のオリーブ漬け缶詰「缶つまレモ缶 宮島ムール貝」

以前青空レストランで、広島県呉市上蒲刈島の藻塩「海人の藻塩(あまびとのもしお)」が紹介されましたが、「海人の藻塩」を使った 宮島ムール貝のオリーブ漬け缶詰、缶つま「レモ缶 宮島ムール貝」が今、人気です。

今回の青空レストランの乾杯レシピでは、「レモ缶 宮島ムール貝」を絡めた絶品パスタが紹介されます。

この「レモ缶 宮島ムール貝」は通販で購入でき、お取り寄せも可能ですよ♪

缶つま「レモ缶 宮島ムール貝口コミ動画

[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=tQLM3m6xlgA[/youtube]

アヒージョにしたり、残ったオリーブオイルでバンケットを漬けて頂くのもオススメです。

缶つま「レモ缶 宮島ムール貝」 お取り寄せ

青空レストラン 宮島ムール貝お取り寄せ

青空レストラン 宮島ムール貝(濱本水産)のお取り寄せはコチラ

濱本水産の濱浜 宮島ムールは、楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonなど通販サイトからでもお取り寄せ可能です。

まとめ

広島県のアンテナショップが銀座にあるので、日本橋で映画を観に行くついでに立ち寄って、缶つま「レモ缶 宮島ムール貝」 をかって食べてみたいと考えています。

「海人の藻塩(あまびとのもしお)」はいつもそこで購入しています。

店名:TAU -広島ブランドショップ-
住所:東京都中央区銀座1-6-10銀座上一ビルディング
TEL:03-5579-9952(代表)

店名の「たう」は広島弁で「とどく」の意味です。

そうそう、先週広島に旅行に行ったさい、にしき堂以外のもみじ饅頭で「山田家」のもみじ饅頭を買ってみたのですが、藻塩味があって食べてみたらにしき堂のもみじ饅頭と較べて味が円やかで優しい甘さだったので次回からは 山田家のもみじ饅頭を買おうと気まました。

やっぱり藻塩は味が円やかで良いですね~。

本日は当ブログをご覧頂き有難うございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク