スポンサードリンク

青空レストラン(2016年10月8日)は「今夜はづけ丼・白皮カジキの漬け」(羽床総本店/はゆかそうほんてん・神奈川県三崎)が青森県の新米「あさゆき」のご飯の友として紹介されました。
今回は、本マグロにも負けないと言う旨味ん白皮カジキの漬けで作る漬け丼「今夜はづけ丼」の通販・お取り寄せ情報をお届けします。

新米「あさゆき」のご飯の友 「今夜はづけ丼・白皮カジキの漬け」(羽床総本店/はゆかそうほんてん・神奈川県三崎)」

白皮カジキの漬けの「今夜はづけ丼」に使われている白皮カジキとは、一回のまぐろ漁で数本しか水揚げされない、稀少なマグロです。

白皮カジキはクセがなくさっぱりとしており魚の漬けに適していて、しっとり柔らかの肉質で本マグロにも負けない旨味!

そして、使うのは肩落ちで脂の乗りが抜群!

ねっとりとした食感が堪りません。

白皮カジキの漬け 製法

醤油と味醂ベースの自家製タレで3時間じっくり漬け込みむと濃厚な旨味に!

新米「あさゆき」との相性は、どんな味?

MCの宮川大輔さんとお米マイスターの西島豊造さん、ゲストの森泉さんの感想は・・・
宮川大輔さん:最初は白皮カジキの漬けのしっとりねっとりした食感が勝つが、後で「あさゆき」の甘みがやってくる。

西島豊造さんさん:柔らかさとのバランスがよい。

森泉さん:油っこくない。

白皮カジキの漬け(羽床総本店) お取り寄せ

羽床総本店とは?

羽床総本店はマグロの水揚げ漁港である三崎港で創業し、それ以来カジキマグロ一筋の老舗です。
その目利きには自信が有り、拘りを持ってカジキマグロ製品の生産に取り組んでいます。

拘り1.自社工場手作り。
拘り2.保存料・添加物等を一切使わない。

またカジキマグロの素材の旨味を引き立てる為、厳選された羽床秘伝の味噌漬・粕漬の使われている拘りの素材は以下の通りです。

粕は、地元神奈川県の造り酒屋の大吟醸を使用。
西京味噌は、京都の白味噌「西京味噌」を使用。
味噌は江戸時代に赤穂浪士へ味噌汁を振る舞った老舗のちくま味噌を使用。

羽床総本店 店舗

スポンサードリンク

※その他、以下のデパートにも出店しています。
■さいか屋
羽床総本店 横須賀店 横須賀市大滝町1-13横須賀さいか屋1F
羽床総本店 藤沢店 神奈川県藤沢市藤沢555藤沢さいか屋地下1F

■京急百貨店上大岡店
羽床総本店 上大岡店 神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1 京急百貨店地下1

まとめ

スポンサードリンク

これからも「青空レストラン」の情報を詳細にお伝えするので、FACEBOOKやツイッターでシェアを是非お願いします!

皆さんのシェアが励みになります!

本日は最後までご覧いただき有り難うございました。

スポンサードリンク