スポンサードリンク

青空レストラン(2016年12月24日)は茨城県鹿嶋市で今まさに旬の脂の乗り切った「寒びらめ」をゲストに演歌歌手・氷川きよしさんを迎えMC宮川大輔さんと釣り船「不動丸(ふどうまる)」に乗船し、釣り対決です!

青空レストランで「寒びらめ」を取り上げるのは2回目で前回(2014年2月15日)はゲストがお笑いコンビ麒麟で、長崎県平戸市の「寒びらめ」でした。

今回青空レストランが開店する茨城県ではヒラメを「茨城県のさかな」に認定しています。
それもその筈、茨城県はヒラメの漁獲量は、全国のランキングは5位(平成24年は年間336トン)なのです!

今回のお取り寄せと乾杯メニューは希少な絶品「ヒラメの一夜干し」です!

寒びらめの一夜干しは不味い?ついては別投稿にまとめました。

併せてお楽しみ下さい。

今回青空レストランの通販で紹介される[茨城県 地魚一夜干しセット(寒ビラメ入り)] [茨城県 那珂湊 カクダイ水産干物セット]については別ページに投稿いたしました。

寒びらめとはどんな平目?

「寒びらめ」は、寒い冬に頂く魚の代名詞の脂ののった身がプリプリの「寒ブリ」同様、出産の為、身に脂を溜め込みプリプリで、冷たい海水で身が引き締まった平目です。

それだけで無く、旨味成分のイノシン酸が豊富な為、淡白な中にも上品な甘みが有り、通常の平目より美味しいヒラメなのです!

「常磐もの(じょうばんもの)」のヒラメ

福島県から茨城県の間の海で水揚げされる魚は「常磐もの(じょうばんもの)」と呼ばれるブランド名の授けられます。

寒平目もそのひとつです。

「常磐もの(じょうばんもの)」のヒラメが美味しいのは潮の流れも関係します。

今回、青空レストランで釣りに向かう茨城県沿岸は、潮の流れの黒潮(日本海流)と親潮(千島海流)がぶつかる「潮目」海水が栄養分の富む為、プランクトンが集まり、その結果、餌としてプランクトンを求め、魚が集まる為、良質な漁場になっています。

今回の青空レストランでは活きアジを餌にした釣りで「寒平目」を収穫しますが、他にも漁協では、底引き網(7、8月を除く通年)、刺し網(6~8月)で水揚げが行われます。

[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=H97wTjBfx8o[/youtube]

なお、茨城県では、「ソゲ」と呼ばれる30センチ未満の小さなヒラメは「採捕禁止」「売らない」「食べない」と決めれて乱獲を防いでいるので釣り上げた場合、リリースしなければなりません

青空レストランで登場する「寒びらめ」レシピは?

定番の「ヒラメのお刺身/ヒラメ薄造り」

炙って旨味を引き出す「エンガワの炙り握り」
柔らかさを活かした「ヒラメのムニエル」
そして蛋白な味を引き立てる「ヒラメの明太天ぷら」などが紹介されます。

そして、乾杯メニューはお取り寄せでも紹介される一夜干しは難しいヒラメを使っての希少な絶品「ヒラメの一夜干し」です!

ヒラメの一夜干し[茨城県 地魚一夜干しセット(寒びらめ)] お取り寄せ

※”セッションの有効期間がきれました。“と表示された場合は、品切れ、販売終了、販売期間前の状態です。

スポンサードリンク

ヒラメのレシピ おろし方

ヒラメの場合、5枚おろしにしで頂きます!

動画:高級魚ヒラメを五食握りで!~鹿島灘でヒラメ釣り~【ふくだあかりの茨城を釣って食べよう】#2

ヒラメの5色握り

[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=9Eo6lIaggks[/youtube]

ヒラメの一夜干し[茨城県 地魚一夜干しセット(ヒラメ入り)] お取り寄せ

※”セッションの有効期間がきれました。“と表示された場合は、品切れ、販売終了、販売期間前の状態です。

画像出典:日テレショップ 青空レストラン(サムネイル画像含む)

まとめ

寒びらめの一夜干しは不味い?ついては別投稿にまとめました。

併せてお楽しみ下さい。

これからも「青空レストラン」の情報を詳細にお伝えするので、FACEBOOKやツイッターでシェアを是非お願いします!

皆さんのシェアが励みになります!

本日は最後までご覧頂き有難うございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク