スポンサードリンク

満天☆青空レストラン(2018年1月6日放送)は、寒ブリ!富山県の富山湾の港・新湊でゲストの鈴木奈々さんと大敷網と呼ばれる定置網による寒ブリ漁に挑戦します!

新湊の寒ブリとは?

ブリは回遊魚で、春から夏にかけて黒潮に乗って北上し、成長しながら北海道付近まで来遊します。

水温が下がる秋以降の11月から3月にかけて北の海で栄養をたっぷり蓄え込んだブリは、九州付近で産卵するため南下します。

富山湾は、日本海の真ん中で飛び出ている能登半島が、ブリの南下コースを遮る位置にある為、天然の生簀の状態になっており進路を遮られたブリが誘い込まれ集まります。

その天然の生簀に集まったブリを、大敷網と呼ばれる定置網で一網打尽にします

この寒中時期に水揚げされるブリが寒ブリと呼ばれており、産卵の為、栄養を蓄えており、脂がのって美味しいのが特徴です。

富山県の水揚げ漁港は、今回青空レストランで取り上げられる「新湊漁港」の他、氷見漁港、四方漁港、岩瀬漁港、水橋漁港、滑川漁港、魚津漁港、くろべ漁港が有ります。

また、富山県のブランドブリ「ひみ寒ぶり」の場合、氷見港で定置網で水揚げされ7キログラム以上のブリが認定されます。

沖締めで鮮度を保つ

水揚げされたブリは、品質・鮮度を保つ為、すぐに海水が入ったい生け簀にシャーベット状された氷水に入れる事で瞬時に仮死状態にする事で身が引き締まり鮮度が保たれ、漁港に水揚げされ、2時間以内で競りにかけられます。

出世魚

ブリは、出世魚で地域により名前の変化は違っていますが、お正月のテレビ特番で青空レストランのMC宮川大輔さんが、広島県の釣り番組「TSS 2018年 新春釣りSP 宮川大輔 瀬戸内でマジなやつやん!」に出演した際に出演した時は、
広島での呼び方は、ヤズ → ハマチ → ブリで80センチ以上がブリと紹介されていました。

富山県で「ツバイソ」→「フクラギ」→「ガンド」→「ブリ」と呼ばれているそうです。

因みに「宮川大輔 瀬戸内でマジなやつやん!」で、2日間に渡った釣りの釣果は、初日はボウズ(0匹)で[青空レストランでは定番のボウズです(笑)]、2日目は、ハマチ3匹、ヤズ2匹の合計5匹を釣り上げましたが、残念ながらブリは釣り上げられませんでした。

スポンサードリンク

青空レストランで紹介される「寒ぶり」のレシピ

◇ 地元漁師メシのブリ卵かけごはん

◇ プリプリの刺身

◇ かぶと焼きも登場は、コラーゲンたっぷりで目の周りは奪い合い?

◇ 味噌粕漬け焼きは、青空レストランの新企画の1年間を通して青空レストランオリジナルのおせちの候補!?

寒ブリ 通販・お取り寄せ

■ 乾杯メニューにもなった「ブリしゃぶ」

■ 天然寒ぶりの「しゃぶしゃぶ」と「トロ刺身」のセットは如何?

「寒ブリ」のまとめ

寒ブリは出世魚で富山県で「ツバイソ」→「フクラギ」→「ガンド」→「ブリ」と名前が変わる。

寒中時期に水揚げされるブリが寒ブリと呼ばれており、産卵の為、脂がのって美味しいのが特徴。

富山湾は、日本海の真ん中で飛び出ている能登半島が、ブリの南下コースを遮る位置にある為、天然の生簀の状態になっており進路を遮られたブリが誘い込まれ集まる。

漁は湾に集まったブリを、大敷網と呼ばれる定置網で一網打尽にする。

水揚げされた寒ブリは、海水が入ったい生け簀に氷水に入れ、瞬時に仮死状態にする事で身が引き締まり鮮度が保たれる。

これからも「青空レストラン」の情報を詳細にお伝えするので、FACEBOOKやツイッターでシェアを是非お願いします!

皆さんのシェアが励みになります!

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク