スポンサードリンク

青空レストラン(2016年9月17日放送)愛媛県の全身まるごとトロと呼ばれる養殖魚「スマ」が紹介されます。
愛媛県のみならず和歌山でも養殖されている「スマ」は1メール以下の小型魚ながら身はマグロの中トロ~大トロなみのトロで、見た目のカツオの姿からは想像出来ない肉厚さです!

愛媛県の養殖魚「スマ・愛媛育ちのまるごとトロ」とは?

「スマ」とは「サバ科」の魚で、カツオやマグロの近縁種で漁獲量も少なく「幻の魚」とも呼ばれており
たんぱく質や脂質の含有率がマグロとほぼ同じで
「クロマグロ」に味が近い事に着目され
国際的に漁獲規制が強まって来ている
「クロマグロの代替品」として期待されています。

sumanigiri

天然の「スマ」は各地域により呼び方が異なっています。

「愛媛県水産研究センター」と「愛媛大学」は、
「スマ」の人口孵化(ふか)に2年の歳月を費やし成功し、「スマの完全養殖」を完成しました。

そして、「全身中トロ」と呼ばれる愛媛ブランド魚
伊予の媛貴海(ひめたかみ)」を2016年3月から出荷を始めました。

「伊予の媛貴海(ひめたかみ)」の条件は?

その条件は、重さは2.5キログラム以上、背中側の脂肪含有率が中トロに相当する25%以上
と定められています。
「愛媛県」と「愛媛大学」は、つなぎに「全身中トロ」と呼ばれる愛媛ブランド魚「伊予の媛貴海(ひめたかみ)」を2016年3月から出荷を始めました。

「伊予の媛貴海(ひめたかみ)」の味や食感は?

高級感を出す為、百貨店で試験販売したところ、
試食したお客さんには
「柔らかいがベトベトしていない」 「ぷりぷりしている」
「赤身の部分とろみが有る」 「味がマグロに似ていて中トロから大トロくらい脂が乗っていておいしい
と評価を受け、販売を行った水産業者には
「脂がきめ細かい」
「脂がのっていて、まさにマグロの大トロ! 」
「滑らかに包丁が入る」
などと好評でした。

スポンサードリンク

青空レストラン養殖魚「スマ」お取り寄せ

「スマ」は試験段階なので青空レストランの通販でお取り寄せは無いかもしれません。

天然の「スマ・スマガツオ」はお取り寄せ可能です。

「スマ」は何処で食べられる?

スマは試験販売の段階で安定してメニューとして提供されているお店は現在の所有りません。

しかし、2016年末より本格出荷が始まり販路も開拓されていく予定なので2017年には定番メニューに登場する事も期待できます。

今までに試験販売された店舗を紹介しておきます。
【東京】
「吉川水産」 三越日本橋本店 本館地下1階 鮮魚売場

【和歌山】
黒潮市場 和歌山マリーナシティ

「スマ」の値段は?

国連食糧農業期間(FAO)の資料によると
1キロあたりの卸売価格の相場は、

クロマグロ
体長:3メートル級、重さ400キロ超級で約4300円

カツオ
体長:1メートル級、重さ10キロ超級で
約1500円

クロマグロ
体長:1メートル級、重さ10キロ超級で
約1700円
※2014年の中央卸売市場価格

「伊予の媛貴海(ひめたかみ)」どんなレシピ?

スマはマグロとカツオのイイトコどりの魚なのでマグロとして定番の「握りずし」「なめろう丼」「竜田揚げ」「兜焼き」そしてカツオと言えば「タタキ!」ですね。

suma-susi

まとめ

今年の年末から本格出荷が始まるとの事なので来年あたり、お寿司屋さんに「スマ」が並んだら嬉しいです。

マグロの大トロって脂が乗りすぎで、醤油が身に染み込まないので中トロくらいが好きなのですが、「スマ」の脂ののりが如何程かを試してみたいです。

これからも「青空レストラン」の情報を詳細にお伝えするので、FACEBOOKやツイッターでシェアを是非お願いします!

皆さんのシェアが励みになります!

本日は最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク