スポンサードリンク

「満天☆青空レストラン」2019年6月22日分では、群馬県伊勢崎市のブランド野菜で糖度16度越えのゴボウ「夏ごぼう京香(きょうか)」を収穫します。

「夏ごぼう京香」は、2014年に秋ごぼう「甘久郎(かんくろう)」と共に誕生しました。

今回、青空レストランが開店する群馬県伊勢崎市は、ゴボウと春菊の出荷量は県内一位です。

そんな背景もあり、伊勢崎市「農&食」戦略会議のゴボウ部研究会により開発されました。

その特徴は何といても甘みで、通常ゴボウの平均糖度が7度~8度なのに対し、「夏ごぼう京香」は、糖度16度超えというフルーツ並の甘さです。

甘みを感じる食べ方は、シンプルに、炭火焼きや、天ぷらなどのレシピです。

そして香りは、優しい香りが強く、ゴボウらしい風味を堪能できます。

気になる「夏ごぼう京香」のお取り寄せは「青空レストラン」の公式通販からどうぞ!

また、乾杯メニューのピザで使われる「しょうゆすこ」も通販が可能です!

ゲストは、藤田ニコルさんとラグビー日本代表の田中史朗選手・松田力也選手です。

夏ごぼう京香と完熟ごぼう甘久郎とは?

群馬県伊勢崎市は、ゴボウの出荷量は県内一位で、昭和30年頃から栽培が始まった伝統野菜です。

ゴボウの栽培が盛んなのは、土壌によるもので、利根川と広瀬川が運んできた沖積土のおかげで水はけがよく、ゴボウ栽培に適しているからです。

今回のゴボウ名人は、田部井靖名人です。

名人のゴボウ畑で生産されているゴボウは
● 夏ごぼう「京香(きょうか)」
● 秋ごぼう「甘久郎(かんくろう)」
の2種類です。

伊勢崎市の伊勢崎市「農&食」戦略会議は、農作物ごとに17の部会が有り、名人は「ゴボウ部会長」を務めています。

その部会で、
伊勢崎市のゴボウをブランド化する事となり
糖度16度以上の甘みを品質基準を設け
試行錯誤の結果、誕生したのが
2014年に誕生した
● 夏ごぼう「京香(きょうか)」
● 秋ごぼう「甘久郎(かんくろう)」
の2種類でした。

栽培技術が難しく、甘久郎は部会に所属する7人の中でも3人しか作ることが出来ません。

優しい香りが強く、ゴボウらしい風味を堪能で、糖度はフルーツ並の16度以上で、一流旅館やミシュランガイド掲載店の料理人からも高く評価されています。

大きさは、夏ごぼう「京香」の葉は直径が50cm、茎の長さは80cm~1mにも達します。

先に伊勢崎市のブランドに認定された甘久郎がLサイズで「糖度18度以上」という力強い甘味が特徴で「男性的」なのに対し、「京香」は細身のLMサイズで、艶やかな気品に満ちた優しい香りとしなやかな食感に加え「糖度16度以上」という爽やかな甘味の為、女性的でたおやかなイメージの「京香(きょうか)」と名付けられました。

伊勢崎市のブランド野菜として認定

夏ごぼう「京香(きょうか)」秋ごぼう「甘久郎(かんくろう)」は、伊勢崎市ブランド化農畜産物として認定されています。

【夏ごぼう京香】
登録名:ブランド第6号 上州伊勢崎夏牛蒡「京香(きょうか)」

【秋ごぼう甘久郎】
登録名:ブランド第2号 伊勢崎完熟牛蒡「甘久郎(かんくろう)」

「京香」「甘久郎」の種蒔きと収穫時期

名人のゴボウ畑では、甘久郎と京香の栽培面積はゴボウ作付け2ヘクタールのうち約50アールで生産されています。

● 夏ごぼう「京香」の作付けは、収穫の前年、10月に種を蒔きを行い6~7月に収穫し、6月に出荷が始まります。

● 秋ごぼう「甘久郎」の作付けは、4月に種蒔きを行い10月ごろ収穫し11月に出荷します。

地中深く延びたゴボウ「京香」「甘久郎」は、ハーベスター(収穫機)で引き抜きます。

まだハーベスターが導入されておらず、手作業で掘り起こしていた時期は、通常のゴボウようも太く、茎の長さは80cm~1mもある為、大変な重労働だったそうです。

収穫された「京香」「甘久郎」は、泥の付いたまま軽トラックに載せられ、選別機のある作業小屋へ運ばれ、自動で大きさを判別し仕分けされ出荷の準備が行われます。

スポンサードリンク

輪作対策

名人の畑では、他にも野菜が生産されています。

野菜の種類によっては、
同じ科目の野菜を同じ場所で栽培し続けると
次第に野菜が病気にかかりやすくなったり、
収穫される量が落ちてしまう
「連作障害」という問題を避ける為、
毎年どの野菜をどこに植えたのかを記録しておき、前年と違う位置に作付けする「輪作」で対策を行っています。

糖度について

京香、甘久郎共にゴボウ類では糖度がずば抜けて高く、通常のゴボウの糖度が7~8%なのに対し16度以上で、完熟秋ゴボウ「甘久郎」に至っては冷蔵庫で熟成させる事に糖度18度以上まで上がります。

農林水産省:果樹をめぐる情勢 P3「果実の糖度と酸度」を元に、糖度を果実で表すと以下の様になります。

果実の糖度

【グレープフルーツ】10.0%
【オレンジ】10.3%
【キウイフルーツ】11.2%
【みかん】 12.1%
【りんご/梨】15.0%
【ぶどう】17.5%
【バナナ】21.0%

ミカンやリンゴよりも数値上は、甘さが強いのですが、実はあくまでも数値上の甘みで、フルーツとゴボウの様な根菜類では意味合いが違ってきます。

「糖度」の定義は簡単に説明すると
100gの液体の中に何gの糖分が溶けているのか?
ですので、甘みが16~18度であっても
舌が感じる味覚は
ゴボウ独特の苦味などの成分も感じるので
京香、甘久郎を実際に食べてみると
りんごより甘い!
みかんより甘い!
とは感じないはずです。

それだけでなく、ごぼうに多く含まれる糖類は
糖類の中でも一番甘みの少ないブドウ糖です。

糖類である果糖、ショ糖、ブドウ糖甘さの順番は

果糖ショ糖ブドウ糖

の順番で甘さの強みを表す事ができます。

ですので、京香、甘久郎を実際に食べてみると糖度の高さの割に甘くないと感じるかもしれません。

しかし、一般のゴボウを含む根菜類と比較すると、甘く感じるのは間違いなさそうです。

購入方法や販売店は?

夏ごぼう「京香(きょうか)」秋ごぼう「甘久郎(かんくろう)」は、3人の農家でしか栽培出来ない為、とても希少です。

その為、収穫されると販売店、JA佐波伊勢崎の直売所や伊勢崎市内のスーパーなどで限定販売されていきます。

販売店でも売り切れが予想される為、青空レストランの公式通販からお取り寄せがオススメです。

値段は「¥1,980+消費税+送料」です。

青空レストラン公式通販「群馬県伊勢崎市 夏ごぼう京香セット」

青空レストラン公式通販では「夏ごぼう京香セット」のお取り寄せが可能です。
【値段】¥1,980+消費税
【送料】¥1,204+消費税
青空レストラン公式通販「夏ごぼう京香セット群馬県 夏ごぼう京香」のお取り寄せはコチラ

乾杯メニューのピザで使われる「しょうゆすこ」も通販が可能です!

夏ごぼう京香の通販まとめ

● 乾杯メニューのピザで使われる「しょうゆすこ」も通販が可能です!

● 田部井靖名人を含む3人の農家しか生産できない
● 優しい香りが強く、ゴボウらしい風味を堪能できる
● 葉は直径が50cm、茎の長さは80cm~1mにも達っする
└ 夏ごぼう「京香」はLMサイズ
└ 秋ごぼう「甘久郎」はLサイズ
● 夏ごぼう「京香」6~7月に収穫し、6月に出荷
● 夏ごぼう「京香」の糖度は16度以上
● 秋ごぼう「甘久郎」10月ごろ収穫し1ヶ月熟成させ11月に出荷
● 秋ごぼう「甘久郎」の糖度は熟成させる為、18度以上にもなる
● 夏ごぼう「京香」の登録名
└ ブランド第6号 上州伊勢崎夏牛蒡「京香(きょうか)」
● 秋ごぼう「甘久郎」の登録名
└ ブランド第2号 伊勢崎完熟牛蒡「甘久郎(かんくろう)」

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク