スポンサードリンク

佐賀県太良町竹崎地区の「竹崎カニ」で作るカニ飯が絶品!

2019年6月1日放送の青空レストランの
「コハダ」レシピで紹介される「竹崎カニ」
で作るカニ飯は、ご飯のお供「がねめし」でホカホカご飯に乗せるだけ!?

今回は、江戸前寿司店の職人の腕がわかる
と云われる寿司ネタになる魚「コハダ」
を狙い有明海でMC宮川大輔さんと
ゲストのお笑い芸人あばれる君のお二人が
コハダの投網漁に挑戦します!

コハダと同様、佐賀県藤津郡太良町は、
渡り蟹の名産地です。

太良町の竹崎地区近海で獲れる渡り蟹は
「竹崎カニ」と呼ばれており、特にオスは
甘い身と深みのあるコクのカニ味噌が絶品です。

その「竹崎カニ」を湯がき、
丁寧に殻を割りたっぷりの身と
味噌を職人さんが丁寧にほぐしたのが
ご飯のお供の「がねめし」です!

「がねめし」のお取り寄せは
青空レストランの公式通販からどうぞ♪

「がねめし」とは?

「がねめし」とは佐賀県藤津郡太良町の
「割烹ひさご」で生産・販売されているご飯のお供です。

ご飯のお供は勿論、酒の肴にもうってつけで
「がねめし」をあったかご飯に乗せるだけで
九州漁師めし風のカニ飯を味わえます。

有明海に面する太良町竹崎地区近海で
水揚げされた渡り蟹「竹崎カニ」を
新鮮な内に湯がき、
たっぷりの身と味噌を丁寧にほぐして瓶詰めにします。

使われているのは
メスよりも甘みが強く美味しい
と言われているオスガニです。

味つけは、シンプルに塩、しょうゆ、酒のみです。

「竹崎カニ」自体が旨味が強いので旨味を強調する調味料だけで美味しさが引き立ちます。

「竹崎カニ」が選ばれたのは、毛蟹、
ズワイガニ、松葉ガニ、タラバガニなどを
試した結果、地元の「竹崎かに」が一番味が濃厚という結論に達したからです。

スポンサードリンク

「竹崎カニ」とは?

「竹崎カニ」とは有明海に面する太良町竹崎地区に生息する渡り蟹でです。

太良町竹崎地区は、有数の渡り蟹の産地です。

渡り蟹の中でも「竹崎カニ」は
甘い身とコクのある味噌が絶品で
美味しさは他の産地の渡り蟹とは格別の美味しさと云われています。

有明海の豊富な生物を餌にしており、大きいもので25cmを超える事も有ります。

月の引力が「竹崎カニ」を美味しく育てる?

太良町の地形は、多良岳を中心になだらかな傾斜のある地形になっており、殆どの場所から有明海が望めます。

有明海では、月の満ち欠けによる
大きな干満差が起こり、
わずか数時間で、海の干満差が最大6mにもなります。

干満差は、月の引力による起こります。

有明海の最大6mにもなる干満の差から
月の引力を感じることができる場所として
「月の引力が見える町」と呼ばれています。

有明海の広大な干潟で小動物は、
潮の引いた干潟の上で
日光を浴びる為、遠赤外線を多く吸収し育ちます。

「竹崎カニ」は、その干潟の上の小動物を食べ
明海の豊富なミネラルやプランクトンを摂取し大きく育ち最大25セ成長します。

その有明海の海の恵により「竹崎カニ」は他の地域の渡り蟹よりも格段に美味しくなると云われています。

「竹崎カニ」の旬

渡り蟹は禁漁期間は無い為
1年間通年で味わう事が出来ます。

「竹崎カニ」の旬は、出産の時期も関係し
オス、メスで旬が違うのが特徴です。

オスは、初夏から秋にかけて繊細な味で、甘い身と深いコクのあるカニミソの美味しさが愉しめます。

メスは、秋口になると産卵期を迎え濃厚な身で美味しくなつ上、おなかにギュッと詰まったタマゴも堪りません!

「がねめし」の通販・お取り寄せ・値段

今回の青空レストランの公式通販では
「がねめし」のお取り寄せが可能です。

値段は、¥2,980+(消費税)と送料¥1,204+(消費税)です。

佐賀県太良町 がねめしのお取り寄せはコチラ

※まれに殻のかけらが混じっている場合があるので、召し上がる際は十分ご注意下さい。

スポンサードリンク